机上査定の方法の基準は曖昧

机上査定の方法の基準は曖昧

机上査定の方法は、各社の方針でさまざまです。

 

過去の取引事例や新築分譲価格など、項目を細かく比較して、プラスマイナスをつけている会社もありますし、担当者の主観で、「だいたいこのくらいだろう」と価格を出してしまう会社もあります。

 

担当者が作成した査定を、その上司がダブルチェックするところもあれば、担当者の独断でお客さんにお伝えしてしまう会社もあります。

 

いずれにしても、机上査定も訪問査定も担当者の主観が入っているものです。

 

依頼した不動産会社、担当者によって査定価格にパラつきが生じるものなのです。

 

たとえば、ある担当者は以前に同じマンションの他の立d厘を成約させたという実績があれば、「価格設定が高すぎたため、売るのに時間がかかって苦戦した」「あっという聞でラクだった」など、そのときの「感じ」をもっています。

 

また、以前販売したときに、「このマンションの部屋を買いたい」というお客さんを捕まえているかもしれません。

 

そのような感覚値、担当者(あるいは、その上司)の気持ちが「あのときこんな感じだったから、今回もこれくらいの価格かな」と査定価格に反映されています。

 

たしかに、以前販売した際どうだつたかを教えてもらえるのは貴重です。

 

しかし、査定をする担当者がマンションを買うわけではありません。

 

ですから、私たちは、買いたい人がどのような考えで中古マンションを選んでいるのかを、常に見越したうえで査定価格を決めるべきだと思っています。

 

1カ月前と今とでは、冒(いたい人の数や競合物件も異なります。

 

ですから、担当者の過去の主観が入った査定価格は参暑4程度にし、現時点での戦略を立てながら売却活動をすることが「高く売れる」メソッドのーっとなります。

 

残念ながら、担当者が過去の経験にとらわれてしまうと、売却戦略や戦術について新しい発想もなくなってしまうでしょう

 

私たちは、社員にも「常に高く売却する可能性を考えて、ハングリーに査定をするように」と言っています。

机上査定の方法の基準は曖昧 関連ページ

一括査定で高く売れる理由は どこにもない
1回の申し込みで複数の不動産会社に査定してもらえるご括査定」というのがあります。     […]
「相場」ってどういう意味?
不動産会社がいう「相場」とは、ほとんどが過去の成約事例を元にしています。   成約事例と現在の価格と […]
高すぎる査定は疑え!
では、査定価格を高くつけてくれる不動産会社に依頼するのがいいのかというと、そうでもありません。   […]
両手仲介は売り手がマイナス?
両手仲介によって起きていることを見てみましょう。まず、両手仲介の良い点からお話したいと思います。   […]
「両手仲介」とは?
仲介会社の報酬の受け取り方は2種類。   ①買い手、売り手の双方の仲介をする「両手仲介」   […]
専任媒介契約がおすすめ?
さて、あなたのマンションを売却するために仲介してくれる不動産会社を決める際に、「媒介契約」という契約書を締結し […]
こんな査定をする営業マンは要注意
部屋のタイプがファミリータイプやDINKSタイプ(主として夫婦2人で利用する部屋)の場合は、特に、同じマンショ […]
査定価格に影響する条件
マンションの査定価格に影響する条件は何でしょうか?   眺望 方角 駅からの距離 マンションの「グレ […]
実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい?
取引事例比較法で査定を行う場合、次の2種類があります。   1.机上査定 2.訪問査定   […]
査定価格は、 あくまで売るための参考価格
ご自分のマンションが、いったいいくらいで売れるのか、どのくらい資産価値があるかをご存じでしょうか?   […]