こんな査定をする営業マンは要注意

こんな査定をする営業マンは要注意

部屋のタイプがファミリータイプやDINKSタイプ(主として夫婦2人で利用する部屋)の場合は、特に、同じマンション内での過去の成約価格が査定に大きく影響します。
ここで問題なのは、取引事例は過去の事例であるということです。不動産価格はその時々のマーケットに左右されるため、時期によって価格が変動するということ
です。
ですから、過去の事例による成約価格と現在の売却価格が必ずしも同じとはいえ不動産会社の担当者が、「以前、このくらいの価格で成約しています。

それ以来、築年数も経過しましたし、この金額『以下』が相場です」と言ってきたら要注意です。

 

以前売れた成約価格より現在売れる価格が高くなっている可能性もあるのです。
一概に経年によって価格が下がるわけではないのです。「時点修正」と称し、価格を下げている査定には注意が必要です。
ません。

こんな査定をする営業マンは要注意 関連ページ

一括査定で高く売れる理由は どこにもない
1回の申し込みで複数の不動産会社に査定してもらえるご括査定」というのがあります。     […]
「相場」ってどういう意味?
不動産会社がいう「相場」とは、ほとんどが過去の成約事例を元にしています。   成約事例と現在の価格と […]
高すぎる査定は疑え!
では、査定価格を高くつけてくれる不動産会社に依頼するのがいいのかというと、そうでもありません。   […]
両手仲介は売り手がマイナス?
両手仲介によって起きていることを見てみましょう。まず、両手仲介の良い点からお話したいと思います。   […]
「両手仲介」とは?
仲介会社の報酬の受け取り方は2種類。   ①買い手、売り手の双方の仲介をする「両手仲介」   […]
専任媒介契約がおすすめ?
さて、あなたのマンションを売却するために仲介してくれる不動産会社を決める際に、「媒介契約」という契約書を締結し […]
机上査定の方法の基準は曖昧
机上査定の方法は、各社の方針でさまざまです。   過去の取引事例や新築分譲価格など、項目を細かく比較 […]
査定価格に影響する条件
マンションの査定価格に影響する条件は何でしょうか?   眺望 方角 駅からの距離 マンションの「グレ […]
実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい?
取引事例比較法で査定を行う場合、次の2種類があります。   1.机上査定 2.訪問査定   […]
査定価格は、 あくまで売るための参考価格
ご自分のマンションが、いったいいくらいで売れるのか、どのくらい資産価値があるかをご存じでしょうか?   […]