専任媒介契約がおすすめ?

専任媒介契約がおすすめ?

さて、あなたのマンションを売却するために仲介してくれる不動産会社を決める際に、「媒介契約」という契約書を締結します。契約を交わさないまま売却がスタートすることはありません。

 

媒介契約には、次の3種類があります。

 

①専属専任媒介契約
1社の不動産会社にしか依頼できない契約。また、自己発見取引といって、売主さんの知り合いに売却する際なども仲介手数料などが発生する。売主さんに対して1週間に1回の売却活動の報告義務がある。

 

②専任媒介契約
専属専任媒介契約と同様、1社の不動産会社にしか依頼できない。専属専任と違い、友人や知人に売るような自己発見取引の場合は、仲介会社を入れなくても契約することが可能。その場合は仲介手数料の支払いをする必要がない。売主さんに対して2週間に1回の売却活動の報告義務がある。
③一般媒介契約
複数の不動産会社に同時に依頼できる契約。不動産のプロが売却する際には、この形態を好む。売主さんに対する報告義務なし。

 

ひと言で言えば、「不動産売買の経験があり、比較的時間がある人は一般媒介契約、初めて、あるいは2回目の売却であれば専任媒介契約」ということでしょう。

 

この2つのそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

●一般媒介契約のメリット一複数の会社に依頼できるため、広告の数が増える
●一般媒介契約のデメリット一複数に依頼することにより、内覧の調整が大変。どのような販売活動をしてくれているのかわかりにくくなる
一般媒介契約を考えた場合、デメリットのほうを多く感じます。

 

たとえば、依頼される不動産会社は売主さんに売却活動の報告をしなくてもすむため、面倒くさがる会社は報告をしてくれない可能性があります。

 
また、他社にも依頼されているため、不動産会社のモチベーシヨンが低くなる場合が多く、「他社に先駆けて早く申し込みをもらおう」「申し込みをとったら、売主さんを早く説得して売らせよう」「価格は安かろうが申し込みを取るようにしよう」という傾向になりがちです。

 
不動産会社のやる気がなくなることは、売主さんにとって一番大きな損失です。

 
不動産会社の担当も人間です。

 

「この売主さんのために一生懸命仕事をしよう!」と思われないと、よい活動ができません。

 
ですから、一般媒介契約は、普通の売主さんには適していないと思います。

 

私たちがおすすめしているのが、専任媒介契約です。売主さんにとっても不動産会社にとっても一番よい結果が出せる契約形態だからです。

 

●専任媒介契約のメリット一窓口が一元化できて、内覧の調整などはすべて任せておける。不動産会社が売主さんのための専属エージェントになり、一生
懸命頑張る。申し込み受領後も焦らずじっくり交渉することができる。
●専任媒介契約のデメリット一自社で両手仲介を目指すと、広告量が減ってしまう。悪意がある会社だと売却情報を隠すことがある。

 
信頼できる会社と担当に任せておけば、といえます。

 
一番ラクに売却できるのが専任媒介契約といえます。

 
デメリットとして挙げているポイントは、依頼する不動産会社のスタンス(後ほど述べる両手仲介を積極的にやっているかどうか)に民警される部分です。

 
会社ごとにスタンスがあるため、中立的な立場である私たちへ相談に来る方も多くなっています。

 

 

専任媒介契約がおすすめ? 関連ページ

一括査定で高く売れる理由は どこにもない
1回の申し込みで複数の不動産会社に査定してもらえるご括査定」というのがあります。     […]
「相場」ってどういう意味?
不動産会社がいう「相場」とは、ほとんどが過去の成約事例を元にしています。   成約事例と現在の価格と […]
高すぎる査定は疑え!
では、査定価格を高くつけてくれる不動産会社に依頼するのがいいのかというと、そうでもありません。   […]
両手仲介は売り手がマイナス?
両手仲介によって起きていることを見てみましょう。まず、両手仲介の良い点からお話したいと思います。   […]
「両手仲介」とは?
仲介会社の報酬の受け取り方は2種類。   ①買い手、売り手の双方の仲介をする「両手仲介」   […]
こんな査定をする営業マンは要注意
部屋のタイプがファミリータイプやDINKSタイプ(主として夫婦2人で利用する部屋)の場合は、特に、同じマンショ […]
机上査定の方法の基準は曖昧
机上査定の方法は、各社の方針でさまざまです。   過去の取引事例や新築分譲価格など、項目を細かく比較 […]
査定価格に影響する条件
マンションの査定価格に影響する条件は何でしょうか?   眺望 方角 駅からの距離 マンションの「グレ […]
実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい?
取引事例比較法で査定を行う場合、次の2種類があります。   1.机上査定 2.訪問査定   […]
査定価格は、 あくまで売るための参考価格
ご自分のマンションが、いったいいくらいで売れるのか、どのくらい資産価値があるかをご存じでしょうか?   […]