両手仲介は売り手がマイナス?

両手仲介は売り手がマイナス?

両手仲介によって起きていることを見てみましょう。まず、両手仲介の良い点からお話したいと思います。

 

どんな良い点があるでしょうか?

 
1社で取り引きをすべてまとめているのですから、話が早くスピーディに行きそうです。

 

また、買い手も、売り手のあなたと同じ仲介会社を頼っているわけで、まさに2人をつないでくれた「仲人さん」のような感じがします。

 

仲介会社や担当者も、売り手と買い手双方に目を配りながら取り引きをすることになります。

 

このスタイルに、安心感を感じる人も少なくないでしょう。

 
これらのメリットがあるものの、当社は主として「経済的な観点」から、両手仲介は弊害が多いという指摘をしています。具体的には、次のことが挙げられます。

 

①売却価格が下がる傾向がある
②情報操作をすることがある
③不動産会社が売り手に対して真実を隠すことがある

 

不動産会社が自分の報酬を両手(2倍)にしようとすると、このようなことが起きる可能性があるのです。

 

以前、私たちが中古マンションの売買仲介会社にいたとき、ほとんどが売り手側の仲介のポジションに入っていたため、売却についてこのジレンマを抱えながら仕
事をしていました。

 

仲介手数料が2倍になるのですから、不動産会社としては、州曇宋マンに極力、両手仲介を行うように奨励します。経済的観点から見れば、これはいたし方ないでしょう。

 

両手仲介をするために営業マンが考えてしまうことは、次のようなことです。

 

●早く売るに越したことはない
●早く売るためには価格は安いほうがいい(すぐ決まるから)
●他社に決められては困る(なるべく他社に紹介しない)
●自社が見つけた買い手の申込書を優先する(他社の買い手がもっと高い提示)

 

をしていても、売主さんに伝えない)すべての会社とは申しませんが、このようなことが起きている不動産会社は少なくありません。

 

ちなみに、契約社会であり不動産取引の成熟国であるアメリカでは、両手仲介での取り引きは、ほとんど存在しません。売り手が両手仲介を許さないのです。

 

ですから、売り手にできることは、この現実を理解し、しっかりとした売却を実現してくれる仲介会社を探すことです。

 

それが「高く売る」ことにつながるのです。

両手仲介は売り手がマイナス? 関連ページ

一括査定で高く売れる理由は どこにもない
1回の申し込みで複数の不動産会社に査定してもらえるご括査定」というのがあります。     […]
「相場」ってどういう意味?
不動産会社がいう「相場」とは、ほとんどが過去の成約事例を元にしています。   成約事例と現在の価格と […]
高すぎる査定は疑え!
では、査定価格を高くつけてくれる不動産会社に依頼するのがいいのかというと、そうでもありません。   […]
「両手仲介」とは?
仲介会社の報酬の受け取り方は2種類。   ①買い手、売り手の双方の仲介をする「両手仲介」   […]
専任媒介契約がおすすめ?
さて、あなたのマンションを売却するために仲介してくれる不動産会社を決める際に、「媒介契約」という契約書を締結し […]
こんな査定をする営業マンは要注意
部屋のタイプがファミリータイプやDINKSタイプ(主として夫婦2人で利用する部屋)の場合は、特に、同じマンショ […]
机上査定の方法の基準は曖昧
机上査定の方法は、各社の方針でさまざまです。   過去の取引事例や新築分譲価格など、項目を細かく比較 […]
査定価格に影響する条件
マンションの査定価格に影響する条件は何でしょうか?   眺望 方角 駅からの距離 マンションの「グレ […]
実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい?
取引事例比較法で査定を行う場合、次の2種類があります。   1.机上査定 2.訪問査定   […]
査定価格は、 あくまで売るための参考価格
ご自分のマンションが、いったいいくらいで売れるのか、どのくらい資産価値があるかをご存じでしょうか?   […]