実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい?

実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい?

取引事例比較法で査定を行う場合、次の2種類があります。

 

1.机上査定
2.訪問査定

 

1の机上査定は、不動産会社が実際に部屋を見ずに、だいたいの査定価格を出す方法です。

 

具体的に売却を検討しているのではなく、おおよその価格を知りたいだけであれば、この方法で十分です。

 

一般的には、査定書のような形で査定価格とその根拠を教えてくれます。

 

2の訪問査定は、実際に不動産会社の担当者があなたの部屋を訪問し、室内の状況、眺望、日当たりなどを確認したうえで査定価格を算出するため、机上査定よりも細かい査定が可能です。

 

部屋の状態も判断材料の1つですから、より正確な価格と、詳しい販売方法を知りたい売主さんは、こちらを選ぶのがいいでしょう。

 

通常は、机上査定の後に訪問査定を頼んで、より正確な査定価格を出してもらうというケースが多いです。

 

しかし、訪問査定は「電話などしつこい営業をしてくるイメージが強い」「不動産会社が来ていることH売ろうとしていることが、他の部屋の人に知られそうでイヤ」などと考え、敬遠する人もいるようです。

 

私たちが運営しているマンション売却サービス「売却のミカタ」でも、査定を依頼される売主さんの大半が①の机上査定です。

 

部屋の向き、状態、眺望によって成約価格が上下することは、頻繁にあります。

 

特に眺望や状態は不動産会社の担当も内見をしないとわからないことがあるため、訪問査定との価格差があることもしばしばです。

 

その場合は、その根拠をきちんと教えてもらいましょう。特に中古の物件では、室内やバルコニーからの「眺望」で価格が大きく左右されます。

 

部屋から見える景色や夜景が素晴らしい物件であれば、他の物件との差別化ができ、プラス材料となります。

 

また、室内が汚れている状態だと査定価格が下がります。

 

次の購入者が入居時にリフォームが必要かどうか、必要ならその金額によって価格が下がってくる可能性があるからです。

 

1年以内に売却を予定している人は、正確に価格を把握しておくためにも訪問査定を依頼することをおすすめします。

実際に部屋を見てもらって査定してもらった方がいい? 関連ページ

一括査定で高く売れる理由は どこにもない
1回の申し込みで複数の不動産会社に査定してもらえるご括査定」というのがあります。     […]
「相場」ってどういう意味?
不動産会社がいう「相場」とは、ほとんどが過去の成約事例を元にしています。   成約事例と現在の価格と […]
高すぎる査定は疑え!
では、査定価格を高くつけてくれる不動産会社に依頼するのがいいのかというと、そうでもありません。   […]
両手仲介は売り手がマイナス?
両手仲介によって起きていることを見てみましょう。まず、両手仲介の良い点からお話したいと思います。   […]
「両手仲介」とは?
仲介会社の報酬の受け取り方は2種類。   ①買い手、売り手の双方の仲介をする「両手仲介」   […]
専任媒介契約がおすすめ?
さて、あなたのマンションを売却するために仲介してくれる不動産会社を決める際に、「媒介契約」という契約書を締結し […]
こんな査定をする営業マンは要注意
部屋のタイプがファミリータイプやDINKSタイプ(主として夫婦2人で利用する部屋)の場合は、特に、同じマンショ […]
机上査定の方法の基準は曖昧
机上査定の方法は、各社の方針でさまざまです。   過去の取引事例や新築分譲価格など、項目を細かく比較 […]
査定価格に影響する条件
マンションの査定価格に影響する条件は何でしょうか?   眺望 方角 駅からの距離 マンションの「グレ […]
査定価格は、 あくまで売るための参考価格
ご自分のマンションが、いったいいくらいで売れるのか、どのくらい資産価値があるかをご存じでしょうか?   […]